リスク管理

企業活動は、内外に存在するさまざまな不確実な事象(リスク)に影響を受けるため、企業価値を維持・増大していくには、リスクを適切に管理することが重要であり、不可欠です。中外製薬では、リスク管理をサステナビリティ基盤にかかわる重点課題ととらえ、日々進化を目指しています。

リスク管理の体制・取り組み

リスク管理の体制として、「リスク管理ポリシー」および「リスク管理規程」を制定し、経営専門委員会として代表取締役を委員長とする「リスク管理委員会」、各部門および国内外の子会社ごとに「部門リスク管理委員会」を設置しています。

「リスク管理委員会」では、各部門におけるリスク管理状況を全社的な視点でモニタリングし、報告内容について評価するとともに、必要に応じ経営会議に報告しています。また、部門での対応状況や、業界・外部環境動向などを踏まえて、特に経営に重大な影響を及ぼしかねないリスクについては、「中外製薬グループリスク課題」として特定し、全社的な対応策の進捗状況を経営会議に報告しています。

「部門リスク管理委員会」では、部門内の事業活動におけるリスクを抽出したリスクマップを作成し、定量的に評価しています。中でも、優先して対応すべきリスクについては「部門リスク課題」として年間対応計画を策定し、その進捗状況を四半期ごとに「リスク管理委員会」に報告しています。

リスク管理体制図

リスクマネジメントシステムの開発・導入

中外製薬では、各部門および国内外の子会社におけるリスク管理を支援し、全社的なリスク情報の把握・分析を効率的に推進するため、独自の「リスクマネジメントシステム」を開発、2019年よりグローバルで運用を開始しています。この「リスクマネジメントシステム」では、各部門がリスクマップや年間リスク対応計画を登録しており、それらの情報をデータベース化して一元管理することで、グループ全体のリスク分析や各部門での対策の状況をモニタリングしています。

有事の対応体制

各部門・国内外の子会社においてトラブルが発生した場合は、各部門・子会社において迅速な対応を行うとともに、遅滞なく「リスク管理委員会」に報告します。

大規模災害や重大トラブル発生時は、CEOを本部長とする「緊急対策本部」や、部門横断的な「リスク対応分科会」を設置し、全社的な有事対応を行います。

また、事業継続に係るリスク(大規模地震、パンデミックの発生、サイバー攻撃など)に対しては、事業継続計画(BCP)を整備しており、定期的な訓練を行っています。

  • メールする

サステナビリティと経営戦略

トップに戻る