人権

ビジネスパートナーとも協働しながら、改めて人権尊重の取り組みを強化していきます。

社員の声を読む

サステナビリティ推進部 企業倫理推進グループ
森 恵美子

ステークホルダーと協働した人権尊重の取り組み

企業は、事業活動にかかわるすべての人々の人権を尊重する責任があります。中外製薬は、事業活動がグローバルに拡大しており、その責任範囲も広がっていることから、改めて人権尊重の取り組みを強化することとしました。具体的には、2019年1月に「人権方針」を制定し、サプライヤーへのデューデリジェンス実施の仕組み構築などに取り組んでいます。

今後は「人権方針」に沿って、社内だけでなくビジネスパートナーに対しても法令や社会規範の遵守を求めるとともに、児童労働・強制労働の排除、人種・性別などのあらゆる差別の禁止、従業員個人の尊厳の尊重や、安全衛生の確保など労働環境への配慮などに対して、理解を求めていきます。また、自社従業員に対しても継続的に人権尊重に関する啓発を行うとともに、事業活動に関連する人権課題の洗い出しを行い、関連機関や団体などと連携しながら、その解決に取り組みたいと考えています。

中外製薬は、人権尊重の文化は、企業が社会の一員として認められ、信頼されるうえで欠かせない礎の一つと考え、私たちが共有する価値観(Core Values)に基づいて制定した行動規準の中で「人権の尊重」を謳っています。中外製薬は、自社の事業活動にかかわるすべての人々の人権を尊重する責任があるとの認識のもと、人々の生命や健康に大きくかかわる生命関連産業として、より高い意識を持って人権尊重の取り組みを推進していきます。

重点課題(マテリアリティ)

  • 人権
  • 臨床試験被験者の安全性

人権への取り組み

  • メールする
トップに戻る