コーポレート・ガバナンス

中外製薬は、ロシュ・グループの一員でありながら、独立した上場企業として経営の自主性・独立性を確保するというユニークなビジネスモデルのもと、ミッション実現に向けイノベーションを重視した経営を推し進めています。また、企業価値を高めるためには体制や仕組みだけではなく、その実効性向上が重要との認識のもと、コーポレート・ガバナンスの継続的な検討・改善に取り組んでいます。

重点課題(マテリアリティ)

  • コーポレート・ガバナンス
  • リスクマネジメント
  • 情報開示と対話

詳しくは、コーポレート・ガバナンスをご覧ください。

  • メールする
トップに戻る