グローバルヘルスに関する基本的な考え方

1. 基本的な考え方

世界には、まだ治療法がない疾患に苦しむ人々や治療法があるにもかかわらず、貧困あるいは制度上の理由等で必要な医療を受けられない人々がいます。国連が2015年に採択した「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の中の持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals, SDGs)では、「あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する」を一項目として掲げています。中外製薬は、この目標の達成にかかるグローバルヘルスに関する社会的課題である保健医療へのアクセス向上に新薬を創製・供給する事業活動及び公的機関やNGO、業界団体等との協力活動等を通じて積極的に取り組み、企業価値の創出と社会的課題解決への貢献の両立を目指していきます。

2. グローバルヘルスにおける優先取り組み分野

2.1 治療法がない疾患に対する医薬品の開発

中外製薬の研究開発で培ったバイオテクノロジーを中心とする創薬技術を活用して、未だ治療法がないアンメットメディカルニーズを満たす革新的な医薬品の創製・開発に取り組みます。

2.2 保健医療の質及び医薬品へのアクセス向上

中外製薬は、保健医療の質の向上への基礎的取り組みとして、予防、診断、治療に関する医療関係者の能力向上並びに地域の人々への疾患啓発等を行っていきます。
また、低中所得国を中心に、社会インフラの整備を含む医薬品へのアクセスに対する障害を取り除く活動をしていきます。
このような取り組みにより、持続可能な保健医療システム及び医薬品へのアクセス向上に貢献します。

3. 具体的な活動において重視する点

中外製薬が支援・実施するグローバルヘルス活動については、以下の事項を重視して決定します。

  • 中外製薬のケイパビリティ(強み、技術、専門性)が活かせる活動
  • 低中所得国を中心に保健医療の持続的な向上に貢献できる活動
  • メールする

グローバルヘルス

トップに戻る