倫理・コンプライアンス

事業規模の拡大を踏まえ、部門・グループ企業を横断したグローバルコンプライアンス体制の強化に注力しています。

社員の声を読む

サステナビリティ推進部 コンプライアンスモニタリンググループ
長島 亨

グローバルコンプライアンス体系・体制の構築

「企業倫理は業績に優先する」と考える中外製薬ですが、事業規模のグローバル成長に伴う事業リスクの拡大や、世界的な要請の高まりなどを踏まえ、2016年1月から、部門・グループ企業を横断したグローバルコンプライアンス体系・体制の構築に取り組んでいます。

具体的には、コンプライアンスに関する方針や領域の整理、委員会・組織体制の再整備を行うほか、グローバルの文書体系を整備し、各国の法律や規制に準拠した海外子会社独自のローカルガイドラインやマニュアル・SOPの策定を行いました。

今後は、こうした体系・体制のもと、特に海外子会社で自発的なPDCAサイクルを回し、自律的なコンプライアンス強化を進めていくことが重要です。そのために、各社で任命されたコンプライアンスオフィサーが円滑に活動を行えるよう、教育資材や各種情報を共有していくとともに、積極的な連携を図っていきたいと思っています。

中外製薬は、「企業倫理は業績に優先する」という基本的な考えのもと、生命の尊厳を第一義に置き、科学に対する真摯な取り組みと、透明かつ公正で高い倫理性を持った企業活動に努めています。また法令遵守はもとより、社会からの期待に応えることをコンプライアンスととらえ、企業行動規準である「中外製薬グループ コード・オブ・コンダクト(CCC)」を拠り所に、社員に対するコンプライアンス教育の充実や、モニタリング調査・コンプライアンスリスク対策などを実施し、より高度なコンプライアンスの実現を目指しています。

重点課題(マテリアリティ)

  • コンプライアンス
  • 行動規準
  • 公正な取引

倫理・コンプライアンスへの取り組み

  • メールする
トップに戻る