D&Iに関するトップメッセージ

社会とともに発展する企業の実現に向けて、より一層ダイバーシティ&インクルージョンを推進していきます。代表取締役社長、最高経営責任者(CEO) 小坂 達朗

中外製薬は、2002年にロシュ社と戦略的アライアンスを開始し、「革新的な医薬品とサービス」を継続的に提供すべく、「すべての革新は患者さんのために」という事業哲学のもと、「医療用医薬品事業」に特化し、画期的な新薬の創製に注力しています。これまでを振り返ってみると、戦略的アライアンスを成功させている根幹には、まさにダイバーシティ&インクルージョン(D&I)があります。当社とロシュ社は、それぞれ異なる文化を持ちながらも、世界の患者さんのために変革を起こすという共通の理念やイノベーションへの強いこだわり、互いを尊重するカルチャーなどの共通点を持っています。互いに率直な議論を交わし対話を重ね、考え方を知る中で、単なるビジネスパートナーを超えた強固な信頼関係を築きシナジーを創出してきました。その結果、組織力や人財力が大きく向上し、飛躍的な業績の拡大につながったと確信しています。

2019年より、当社は、新たな中期経営計画IBI 21(Innovation Beyond Imagination) を策定し、「患者中心の高度で持続可能な医療を実現する、ヘルスケア産業のトップイノベーターとなること」を目指す姿に掲げ、社会と共に発展することを経営の基本方針としています。
しかしながら、医薬品業界を取り巻く環境はこれまでにないスピードでダイナミックに変化し続けており、さらに「AI」や「IoT」、「ナノテクノロジー」といった破壊的技術の進歩により「第四次産業革命」ともいうべき転換期を迎えています。産業構造が大きく変化している中、当社が将来にわたり価値を創出し続けるためには、強みを最大限に活かしつつ、既存の枠にとらわれない新たな視点・発想から連続的なイノベーションを生み出していかなければなりません。女性や外国籍社員、異業種からのキャリア採用など、当社で活躍する人財の多様性も広がりつつありますが、イノベーションを起こしていくには、多様な考え方や能力をさらに活かしていくことが必要です。D&Iの推進は、これらを成し遂げるための大きな原動力の一つとなると、私は信じています。だからこそ、中外製薬ではD&Iを経営の重要課題の一つと位置づけ積極的に推進しています。

当社におけるD&Iの推進は、2010年にジェンダーダイバーシティのワーキングチームを発足し、活動を開始しましたが、その後「多様な価値観や専門性から革新は生み出される」を共通認識として、シニア、マルチナショナリティなどにも対象を広げ、多様な人財の活躍に向けた環境整備を進めてきました。ジェンダーダイバーシティについては「指導的立場の女性が増え、意思決定の場面で女性も男性も活躍している」ことを目指す姿の一つにおき、女性の活躍推進に向け指標を設定し、取り組みを推進しています。2018年の指標としては、女性管理職比率を13%以上と設定し、女性のキャリア形成や育成に向けた施策に注力してきた結果、2018年末時点で女性管理職比率13.3%と目標を達成しました。今後は、2021年末時点で女性管理職比率16%以上と新たな指標を設定し、さらなる推進に向けて取り組んでいきます。また、出産や育児、介護などにかかわらず、あらゆる従業員がそれぞれのワークライフシナジーを実現できるよう、就業環境の整備なども推進しています。

これからの不透明で厳しい経営環境に対応し、イノベーションを産み出し続ける組織風土を確立していくためには、多様性の理解だけでなくインクルージョンが重要となります。異なる考え方やアイデアを尊重し合いながら、多様な人財が活躍しイノベーションを追求するインクルーシブな組織文化を醸成することで、イノベーションの促進を目指していきます。ヘルスケア産業のトップイノベーターとして社会に新たな価値を提供し続け、社会とともに発展する企業の実現に向けて、より一層ダイバーシティ&インクルージョンを推進していきます。

  • メールする

人財・ダイバーシティ&インクルージョン

トップに戻る